溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

京都手話

皆さま、こんばんは!
九州、四国地方の皆さまは台風の影響を受けていらっしゃるのではないでしょうか。
自然災害は防ぎようがないですが、先の大雨といい…
大きな被害がないことを願うばかりです。


本日は、京都手話に触れに行ってまいりました。

a0277483_2352618.jpg


金閣寺近くにある、手話ができるマスターがいる喫茶店「珈琲工房」さんです。
毎日、誰か彼か耳が聞こえない人が来店するという、
ろう者にとっては、すっかりお馴染み(?)のお店のようです。

私もそうでしたが、手話を知らない人から決まって質問されるのが
「手話って万国共通ですか?」ということ。

「違うんですよ」ってお答えすると
「一緒だった方が便利なのに・・・」と。

確かにそうですよね。
でも、それなら私達聞こえる人たちが話す言葉も万国共通の方が便利!?

日本語や英語、フランス語・・・があるように、
手話にも日本手話(日本語対応手話ってのもあります)、アメリカ手話、フランス手話…
それぞれの国の手話があるんですよ。

更には、日本語の話し言葉に方言があるように、手話にも方言があるのです。

先日のブログにも書きましたが、
手話の語源には歴史が背景になったものも多いので、
きっと京都には「京都らしい手話があるはず」と気になっておりました。

調べていたところ、このお店に行きついた・・・というわけです。


少しお客さんがひけたところで声をかけさせていただきました。

「手話」という言葉を発した途端、饒舌になったマスター(笑)

お話を聞いていると、やはり歴史や謂れに由来した
京都ならではの手話があることがわかりました。

大原三千院、南禅寺、山科区、伏見区、左京区、右京区、西京区…

うーん、面白い!

色の手話表現も大阪とは全然違うんですよね。

マスター曰く、「手話で大切なのはコミュニケーション能力。
単語をたくさん知っているからといって、「手話が通じる」とは限らない。
例えば、単語を100覚えても通じない人もいるし、
30しか覚えられなくても通じる人がいる。
大切なのは、気持ち。心なんですよ」

はい!確かに!!


知れば知るほど益々興味が沸いてきて、どんどん楽しくなってきますが、
次のアポもあるので、続きはまたの機会に・・・。


次は9月に京都と大阪で開催予定をしている「簡単接客手話講座」
原則として、essenceの賛助店舗さま向けとなっておりますが、
非会員さんにつきましては、ワインコインレッスン(¥500)とさせていただいております。

ぜひこの機会に「音のないコミュニケーション」に触れてみてくださいませ。
日程が決まりましたら、改めてお知らせさせていただきます。


どなたかがアップされた動画を拝借…


[PR]
by essence-since2011 | 2012-08-02 00:20 | 手話・聴覚障害

by essence-since2011
ブログトップ