溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

第21回手話講座(交流会)~淀屋橋 ウ・ポンテベッキオさんで開催しました~

5月16日、第21回目のessence手話講座(交流会)は、
淀屋橋のウ・ポンテベッキオさんの個室をお借りして9名での開催となりました。
なんて贅沢な空間!

まずは、パスタランチを…いただきます♪


*お野菜料理(いずれか1品)
・ズッキーニとアスパラガスのインサラータ フレッシュ無花果のソース
・たたききゅうりとルッコラのアンチョビサラダ 発酵ミルクスープに浮かべて

a0277483_2252156.jpg



*パン(お代わり聞いてくださいます)

a0277483_22521385.jpg



*パスタ(いずれか1品)
・新鮮なイワシのマリネとクレソンを絡めた緑のスパゲッティ
・豚と牛のコラーゲンラグーのタリオリーニ マッシュルームのソテー添え
・とろとろ茄子とパンチェッタのタリオリーニ アマトリチャーナ風

a0277483_22522064.jpg



聞こえない方がいらっしゃるので、パスタの説明を書いてくださいました。
こういうのは、本当にありがたいです!

a0277483_22521764.jpg



*ドルチェ(いずれか1品)
・小玉すいかとそのグラニテ サンブーカとジンの香り
・アマレット風味のティラミス キャラメルジェラート添え

a0277483_22522225.jpg



安定の美味しさ…と言いましょうか。
素材の良さ、その素材が引き立つ調理方法、

ただただ、「美味しいねー」と言い合いながらいただける幸せ…。


おなかも満たされたことですし、
食後のお茶をいただきながら、手話のお勉強を始めましょう!


a0277483_2253031.jpg



というタイミングで、山根シェフ登場!!
(お写真を撮れなかったのが残念~)


手話にも興味を示してくださり、ご自身のお名前を聞こえない方に教えていただいていました^^
山…片手で山の形を描く
根…指を開いて下に向ける。根っこの様子

「大助は?」

「大きい」「助ける」の漢字が、どんな手話なのか興味津々のご様子でしたが、
聞こえない方からは、
「下の名前は指文字で…」と、あっさり(笑)

essenceの活動にも興味を持ってくださっていて、
お料理教室のご提案もいただきました!


最後に、左手を腰に当て、右手で「け」の指文字を表して部屋を後にされたシェフ。
はい、手話ネーム決定~(笑)

手話ネームは、いわばニックネームのようなもの。
その人の特徴やクセなどを上手く捉えて付けられることが多いのですが、
こういった、ふとした仕草がそのまま手話ネームになったりもします。

山根シェフ、お忙しい中わざわざお運びいただきありがとうございました!


この後、本日のテーマ、数字の表し方に戻り…

a0277483_2253925.jpg



初めての人にとっては、きちんと基礎を覚える機会になり、
少し手話ができる人にとっては、知っているようで知らなかったこと、
間違えたまま覚えていたことなどの再確認ができました。


今回も、皆さんが口を揃えて「もうこんな時間?」「あっという間だったー」と。
それが何よりもの誉め言葉、本当に嬉しいです!


a0277483_22533454.jpg



余談ながら…
テーブルの上にペットボトルがあるのが、お分かりになるかと思います。
今回、どなたもワインのオーダーがなかったので…お水をお願いしました。

ポンテベッキオさんのお水は、有料。
どうやら賛否両論あるようですが、このペットボトル150円(税別)なんです。
しかも、ポンテベッキオさんのオリジナルボトルでカッコいい!
更には、残ったお水は持って帰ることができます。

レストランでのミネラルウォーターが150円で、
しかも持ち帰り可能だなんて、とってもお得感がありますよね^^

素敵なお店で、素敵な方々とご一緒させていただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


山根シェフ、スタッフの皆さま、
講師を務めてくださったDさん、
そして、ご参加くださった皆さま、
本当にありがとうございました!


ウ・ポンテベッキオ
(淀屋橋odona 2F 地下鉄・淀屋橋10号出口直結)
[PR]
by essence-since2011 | 2014-05-21 01:30 | 手話・聴覚障害

by essence-since2011
ブログトップ