溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

カテゴリ:障害者雇用( 2 )

出町柳にあるステキなビストロ、スリージェさんが
同じく京都・市原に2号店をオープンされました!
(レセプションにお伺いさせていただきました。)

a0277483_759877.jpg



以下、スリージェさんのfacebookより

---

スリージェ市原店、本日4月6日、Openします!!!
こちらはハンバーグやコロッケ、オムライスなどをメインとした洋食屋さんです!
スリージェ出町柳店同様、既製品などは一切使わず、ハム、ソーセージ、デミグラス、ケチャップまで、シェフが一から丁寧に仕込みをしています。
2時からはカフェメニューもご用意しております。

この市原店は、障害者雇用(あまり好きな言い方ではないのですが)を目的に立ち上げたレストランです。
お互い無い物を補い合い、試行錯誤しながら、皆で前を向いて仕事出来れば…と思っています。
さてさてどうなる事やら…これからが楽しみです!!
皆様、お近くへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。m(_ _)m

---


a0277483_20233344.jpg


元は普通のお宅だったそうですが(玄関は、その名残が…)


a0277483_20235816.jpg


元のおうちを知っている方もびっくりするくらいの変貌っぷりだそうです。

a0277483_2024560.jpg


a0277483_2024863.jpg



どこを切り取ってもうっとりするくらい…本当にステキ!

a0277483_20242116.jpg



マダムのセンスが光ってますね♪


a0277483_20254438.jpg


a0277483_20245467.jpg




a0277483_20262336.jpg



暖炉もステキです!

a0277483_20245564.jpg



a0277483_2025858.jpg



テラス席もあるんですよ。
これからの季節、気持ちいいでしょうね。

a0277483_20252750.jpg



スリージェさんのfacebookからお借りした写真ですが…
ランチメニューのハンバーグ、ポークカツレツ
美味しそう~~!

a0277483_20254873.jpg



レセプションの時のお料理も、もちろんとーっても美味しかったですが、
シェフが作る洋食、楽しみです!


お店がある「市原」には、初めて伺ったのですが、
自然がたくさん残るのどかなところ…
次回は、周辺をゆっくりと散策してみたいです。

皆さまもぜひ…いかがでしょうか♪



京都市左京区静市野中町172-1
TEL 075-741-1581
11時〜17時頃まで。
定休日 木曜、第三水曜

*先ほど、facebookにアップされていました。
「土日祝は夜もひっそりと営業することになりました。」
だそうです!
[PR]
by essence-since2011 | 2014-04-21 21:20 | 障害者雇用
皆さま、おはようございます。

ひょんなことでご縁を頂戴し、障害者雇用を積極的にされていらっしゃる西宮のパン屋さん
エスケールさんにお伺いしました。

西宮市山口町、山あいの静かな住宅地にロッジ風の素敵なお店が。

a0277483_8112929.jpg


1Fがパン屋さん、2Fがカフェ。
オープンスペースのベンチもいい感じ。

まずは、カフェで「エスケールさんと言えばハンバーガー!」をいただくことに。

a0277483_8203167.jpg


これ、「レギュラー」のベーコンエッグバーガー。
で、このボリューム!

エスケールさんでは、月替わりのスペシャルバーガーもあるらしく、
今月は、パテ2枚分にチェッダーチーズ、ゴーダチーズをはさんだ
益々ボリューミーなバーガーも!!

バーガーを待つ間カレーをいただいたり、食後のデザートもいただいたり・・・と
満腹になったところで、障害者が働く工房をご案内いただきました。

こちらは、いわゆる「作業所」ではなく、エスケールさんが一般雇用した障害者が働く工房。
この日は、3名の知的障害者がお仕事をしていらっしゃいました。

棚を見て、「なるほど!」と。
「文字情報」では理解が難しい人も、色分けなら間違いなく仕事ができることに気づかれた社長のアイデア。
素晴らしいです。

障害者だから「できなくて当たり前」ではなく、「当たり前の仕事を当たり前にする」
社長の本気が障害者本人のみでなく、共に働くスタッフさんの理解にも繋がっていることを
十二分に感じる工房でした。

画像は、essence facebookにてご覧くださいませ。


続いて、しあわせの村にあるカフェへ移動。

初めて訪れた人は、きっとその規模に驚かれるであろう広大なロケーション。
同行メンバーも「すごいなぁ」連発でした。

平日にも関わらず、駐車場にもかなりの数の車。
なんでも年間集客数は200万人、宿泊施設は90%の稼働率だとか!

宿泊施設や温泉もあり、ゴルフ、テニス、プールなどのスポーツも可能、
また、障害者支援施設や老人ホーム、リハビリテーション病院といった福祉施設もあり、
障害の有無を問わず楽しめる場所です。

車を停め、色づき始めた木々を見ながら風情ある日本庭園を抜けると
ご立派な宿泊施設の1Fに、全面ガラスばりの明るいカフェがありました。

こちらでは、身体(車椅子ユーザー)、精神障害者の方が働いていらっしゃいます。
ゆったりとした席間、低い位置にあるレジなど、働く人にもお客様にも優しい空間でした。

ちょうど、1Fロビーで「こころのアート展」という展示会が開催されていたので、
素晴らしい感性の絵を見せていただきながら、しばし緩やかな時間を過ごしました。

エスケール しあわせの村店


社長のこれからの展望もお聞きし、大いに刺激を受けました。
essenceだからこそできること、その可能性も見えてまいりましたので
今後の活動に繋げたいと思っております。

お忙しい中お時間を頂戴いたしましたエスケール 三澤社長には心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-11-08 09:39 | 障害者雇用

by essence-since2011
ブログトップ