溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

カテゴリ:書籍( 2 )

皆さま、こんにちは。
3連休最終日、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、何冊かの本をご紹介いたします。
(図書館で借りたものが多いですが(^_^;)

手話勉強中の身である為、どうしても手話関係の本が多くなりますが、
数々参考にしてきた中で、やはりコレが一番使いやすいかな・・・な一冊。
a0277483_12143676.jpg



ひとつの言語を習得するためには、
やはり、その言語の歴史、文化を知る必要もあると思っています。

いろんな本を読むことで、新しい気づきがあったり再確認できたり。
様々な考え方に触れることで見識が広がりますね。

「なんやろな、それ?」
a0277483_12144556.jpg


「手話の世界を訪ねよう」
a0277483_12143940.jpg



東京にあるカフェ、Sign with Meのオーナーさんが書いた本
a0277483_12143984.jpg




「見えない人こそ よくみえる」
a0277483_12144212.jpg


これは、「視覚障害者ガイドヘルプの手引き」とのサブタイトルがついていますが、
ガイドヘルパーさんの為だけでなく、「人としてどうなん?」ということを再確認できる内容かと思います。


本を読むことで、知るきっかけとなったり、理解へ繋がったりするわけですが、
結局は、障害者云々という以前に「一人の人として」ということが大事。

「障害者」と言っても人それぞれ。
ろう者の聞こえ方、盲者の見え方も人それぞれ。


柔軟な頭も持ち合わせていたいものです。
[PR]
by essence-since2011 | 2013-02-11 12:30 | 書籍
皆さま、こんにちは。

今日は、ろう者に関する本について少し・・・。

「言語を習得しようと思ったら、その国の歴史や文化も知るべき」とは一般的に
よく言われていることですが、私もご多分に漏れず。
知るべき・・・というより、知りたくなった、という方が正解かもしれませんね。

手話に興味を持ちだしてから、ろう者や手話の歴史が知りたくなり
積極的に話を聞いたり、本を読んだりしてみました。

a0277483_1753171.jpg


読み始めると、更に「もっと知りたい」「もっと手話ができるようになりたい」
欲がむくむくと・・・相乗効果がありますね。

少しでも手話に興味がおありの方にも、ぜひぜひ読んでみてください!と
オススメしたいところですが、最初っから小さい活字が並ぶ本は抵抗がある・・・と
おっしゃる方には、こちら。

わが指のオーケストラ(全1~4巻)
a0277483_1764015.jpg

(画像は、Amazonよりお借りしました)



ぜひ一度、ご覧になってみてくださいね。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-12-12 17:15 | 書籍

by essence-since2011
ブログトップ