溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

カテゴリ:施設訪問( 6 )

6月末にお邪魔させていただいた、宝塚・安倉にある「希望の家」さん。 → こちら

創設は、昭和36年(社会福祉法人化は昭和40年)、
宝塚市の「西谷地区」で産声を上げました。

JR武田尾、初めて降り立った駅ですが、週末ということもありハイカーの方がたくさんいらっしゃいました。


a0277483_6501915.jpg


紅葉を愛でるいい季節ですね。

a0277483_6503266.jpg



駅から車で約15分、ぐんぐん山の中へ。
希望の家グリーンホームさんに到着しました。

こちらは、重度の障害がある方が生活しておられる施設です。

a0277483_7445899.jpg



正直言って、周りには何もない山の中。四方八方を木々に囲まれた環境。
今でこそ舗装された道路がありますが、当時は…
もちろん理由はひとつではないと思いますが、やはり時代背景を感じます。

街中で暮らす身、そして初めてこの地をこの季節に訪れた身にとっては、
全身で深呼吸をしたくなるほど自然を感じさせていただきましたが…。

a0277483_651151.jpg


a0277483_65132100.jpg


a0277483_6513684.jpg


ただ、施設内に一歩足を踏み入れると、全く暗いイメージはありません。
むしろ明るい。

立派な設備も整っています。
こちらは、各種機器が導入されたリハビリ室。
施設でここまで…は、かなり稀かと思います。
(写っていないところにも各種機器が)


a0277483_6514829.jpg


何より利用者さん、職員の方が本当に明るいのです!
こちらでも、しっかりと「萬代イズム」が継承されていることを実感いたしました。


高齢になられ、障害程度もかなり進んだ利用者さんが、
「いらっしゃい」「どうぞ、お入り」と、自室に招き入れてくださいました。

車椅子利用、言葉も不明瞭で、身体の変形もかなり進んでいるのですが、
満面の笑み、そして何より一生懸命伝えようとしてくださっている姿に
様々な想いが駆け巡りました。


ふと見ると、棚に飾られた創業者・萬代房子さん(赤穂市出身)とのツーショット写真。
「先生のおかげで…」という言葉に続けられたのは
「最高の人生です」


思わず熱いものがこみ上げてきました。


皆さんが尊敬してやまない萬代先生の銅像。
生涯を福祉、希望の家に捧げられた方です。


a0277483_65152100.jpg


当時の様子も掲示されていました。

a0277483_6515439.jpg


施設内はすべてスロープで行き来できるようになっていて、
「利用者目線」の素晴らしい造りなのですが、
この位置、この外観にも萬代先生の想いが込められている場所がこちら。

a0277483_652098.jpg


2Fのガラス張り、アーチ型の部分は、食堂なのです。
四季の移ろいを楽しみながら食事ができる環境を…ということで、この場所に造られたそうです。

a0277483_6525053.jpg



ぐるっと裏手に回ると、ガラスハウス、ビニールハウス。

a0277483_6513862.jpg


主には通所利用者さんがチンゲン菜の栽培をされているのですが、
他の野菜も試み中だそうです。

a0277483_6514034.jpg



今回ご案内いただいたIさんは、元々はこちらの施設での勤務からスタートされた方、
今は別の施設で施設長をされているのですが、この日はお休み返上でご案内くださいました。

申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、
利用者さんも久しぶりにIさんにお会いできたのがとても嬉しいご様子。
「久しぶり~」「元気にしてた?」「帰ってきて~」とお声をかけていらっしゃる姿に
単なる「利用者」「職員」という立場のみではなく、
萬代イズムのひとつである「利用者・職員は一つの家族である」ということを感じ入り、
ほんわり温かい気持ちにさせていただきました。


希望の家さんに伺ったことで私の中に芽生えたこの感情、この想いを
どう繋いでいくか…。どう生かしていくか…。


次に訪れる時、この山々はどんな色をしているのでしょうか。


a0277483_652663.jpg



お世話になりました皆さま、本当にありがとうございました。


a0277483_6521417.jpg

[PR]
by essence-since2011 | 2013-11-26 08:33 | 施設訪問
鹿児島、1日目は「しょうぶ学園」さんへ。

そして2日目は、
こちらもご縁を繋いでいただいた、「花の木農場」さんへ。

人生初の鹿児島入り、正直言って県内の地理もよくわからない状態でしたので
「肝属郡南大隅町」と聞いても、どの辺りなのかすらピンと来ず…

ただ、ご紹介いただいたSシェフの「遠いですよ」の一言に恐れおののいていたのですが、
実際に伺ってみると、その遠さすら気にならないほどの素敵な場所で、
すっかり魅了されて帰ってまいりました。


朝早く、鴨池港を出発して、
a0277483_027290.jpg



桜島の向こうから昇る朝日を見ながらの45分。
a0277483_027897.jpg


もう、この段階ですっかりテンションアップ。
ステキすぎです、鹿児島!

垂水港に着いてからは、海沿いの地道を南下。
大好きな海を見ながらのドライブに、一層テンションが上がります。

ほぼノンストップで1時間弱走った辺りで、今度は山道へ。
若干不安になるくらい山の中に入って行ったところで看板発見!

ようやく到着です。
a0277483_0432730.jpg


a0277483_043296.jpg


想像以上の広大な敷地を有する花の木農場さん。
なんでも、東京ドーム6個分の面積だそうです。
a0277483_0433221.jpg


この日は、シャルキュトリー部門のスタッフOさんが車でご案内してくださいました。
<農場MAP>
a0277483_0492911.jpg

*画像は、花の木農場さんのサイトからお借りしました。↑ クリックして詳細をご覧下さい。


ガラスハウスでの水耕栽培
a0277483_0564128.jpg


かつては、花苗を栽培されていたそうですが、今はルッコラ、サラダほうれん草、青梗菜などを。

発芽から出荷まで約2週間。
この日は、収穫量もかなり多い時だったようです。

花の木農場さんで働く皆さんは、いわゆる「障害者」と言われている方、「健常者」と言われている方、
半数ずつくらいでしょうか。職場によっては、障害者の方が多いことも。
a0277483_0564922.jpg


となると、「障害者」「健常者」とカテゴリー分けすることに意味があるの??とすら思えてきます。
人として共に過ごし、共に働く場。
ただ、それだけです。

Oさんによると、花の木農場さんでは、
自助、互助、公助の順に考えていらっしゃるそうで、まずは自分のことは自分で。
単なる作業ではなく、「仕事」として積極的に取り組まれている様子が印象的でした。

食品加工棟
a0277483_1105089.jpg


こちらでは、農場内で飼育された豚を使って餃子作りをされていました。
豚舎では3000頭の豚を飼育されているとのこと。

「食品加工棟」以外にも、ハム、ソーセージ、ベーコン、焼豚等々の加工品を作る施設(セルプ花の木)もあります。


広大な茶畑、ブルーベリー畑などを見ながら車を走らせること10数分。
こちらでは、収穫→乾燥させたニンニクの出荷準備をされていました。
ニンニクの出荷は今年からだそうですが、「トン」単位の収穫だったようです。

a0277483_1224014.jpg


黙々とお仕事されているところにお邪魔したら、皆さん満面の笑みでご挨拶してくださり、
また、黙々とお仕事に戻られる…当たり前のようで当たり前でない、この集中力!

「仕事をするようになってから、明るくなった」
「部屋にこもることがなくなった」と仰っていましたが、
「やるべきことがあること」「そして、それが収入に繋がること」が
人にとって、どれだけモチベーションの上がることなのか、改めて痛感いたしました。


本当にのどかなところ…時にはこんな大自然の中に身を置いていたい衝動に駆られます。
a0277483_1222640.jpg


こちらは、製茶工場。
a0277483_1223852.jpg


その規模に圧倒されます。


ぐるっと1周すること約3時間。
アンテナショップ・Beehive 花の木に戻ってきました。

a0277483_1223082.jpg


こちらには、豚肉料理をメインとしたレストランもあるので、ランチをいただいたのですが、
柔らかくて、本当に美味しいお肉でした。

気になる商品も色々…

a0277483_1224379.jpg


こちらで栽培されたお茶は、「大隈茶」ブランドとして商品化されているのですが、
お茶離れの昨今…ハーブティとのブレンドティも作られたそうです。
特に、「緑茶とカモミール」は、とっても香りがよくて気に入りました!
これは、是非リピートしたい~。

ソーセージやベーコン、ピーナツ豆腐、収穫されたニンニクやブルーベリーも
びっくりするくらいお安く販売されていました。


半日程度の滞在でしたが、Oさんと想いを共有できた部分もあり
とても有意義な時間となりました。

しかも、
前日のしょうぶ学園さんでも、思わぬご縁が繋がりびっくりしましたが、
こちら花の木農場さんでも、関西在住の共通の知人がいたり…で、本当にびっくり!
繋いでいただいたご縁に、ただただ感謝するばかりです。

事前連絡等々を買って出てくださり、私にも気さくにアドバイスしてくださったSシェフ、
長時間に亘りご案内くださったOさん、
温かく迎えてくださった農場スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。


最後に…少しばかりお知らせを。

また改めて告知しますが、10月19日(土)20日(日)にessence初の物販イベント
essenceマルシェ2013」を開催いたします。
小規模ながら、essenceらしい、essenceならではのイベントになるよう準備を進めてまいります。

その際、今回とっても気に入った「緑茶&カモミール」を販売させていただけることになりました!
是非この機会に、皆さんにもお試しいただければ…と思っています。
素敵な香りに心身ともに癒されますよー。

essenceマルシェ2013、どうぞお楽しみに!!
[PR]
by essence-since2011 | 2013-08-17 02:43 | 施設訪問
しばらくご無沙汰している間に、日本列島はどうなってしまったんでしょう…
猛暑、酷暑と言う言葉では追いつかない事態になっています。

熱中症は、小さいお子さんやお年を召した方だけではなく、
現役スポーツ選手でも起こりうること…皆さまも十分にお気を付けください。

さて、

素敵なご縁を繋いでいただいて、
鹿児島にある障害者支援センター「しょうぶ学園」さんにお邪魔してきました。

鹿児島市の中心部から車で約30分。
車から降り立った瞬間から、身体中に心地よい風が吹きぬけるような感覚…
暑い暑い日だったはずですが、爽やかさすら感じる時間を過ごさせていただきました。

何しろ、この緑!

a0277483_9153149.jpg


緑と、いちいちオシャレな建物、オブジェ…まるで高原リゾートに来たみたい!!


ギャラリーで開催されていた、「真夏のTシャツとうちわ展」

a0277483_919779.jpg



利用者さんの素敵な作品が展示されていました。
なんでも、今年の「フジロック」のTシャツにも起用されたそうですよ!

センター内は、木がふんだんに使われているのですが、
その殆どが、センター内にある工房で作られているとのこと。

a0277483_919145.jpg

<土の工房>も



特にこの階段は、見た目も、手にする感触も、本当にステキ過ぎてうっとり…。

a0277483_9191119.jpg



こちらは、「布」の工房。(縫い、織り)

a0277483_9192964.jpg



ご紹介いただいた方から、「素敵なシャツがあるんですよ」とは聞いていたのですが、
思わず感嘆の声が出るくらい!

a0277483_9193131.jpg



これらの作品は、殆どが利用者さんが自由に創作したもの。
もしくは、それを職員さんの手によって完成させたもの。

自由に作ったもの=芸術作品

この価値を見出せるかどうか、作品として世に出せるかどうか…
利用者さんの思いとは違うかもしれませんが、お蔵入りはあまりにも勿体無いですよね。

a0277483_9191748.jpg

<和紙の工房>も


a0277483_9193487.jpg


a0277483_9193970.jpg


a0277483_9192096.jpg


いかがですか?

これらは、いわゆる「障害者」と言われる方々の作品。

障害者だから…障害者なのに…
うーん、「障害者」とカテゴリー分けすること自体がナンセンスに思えます。

障害者って何?
健常者って??
普通って???

どんどん頭の中が疑問符だらけになってきます。

タイミングよく、ご多忙の施設長ともお目にかかれたのですが、
お話させていただいた中で、「自由なスタイルで」ということが印象的でした。

ふと口にされた「ノーマライゼーションって言いますが、そもそもノーマルって何なんでしょう」
と言う言葉に、はっとする思いでした。


その人その人の本質に寄り添う、
その人その人が持つ力を尊重する、
そうすることが、歪みのない社会を創るのでは…と感じました。

しょうぶ学園さんのパンフレットにもありましたが、

まっすぐ縫えない、
縫いたいように縫ってごらん


「かくあるべき」がない社会は、人と人の間に壁を作らないでしょうね。

そうそう、
個人的なことになりますが、施設長とは思わぬ共通点もありびっくり!
まさか、鹿児島という地でOL時代の上司の名前を聞くなんて~。
ご縁とは素晴らしいものです。


センター内には、お蕎麦屋さん、パン屋さん、レストランもあるので、
こちらのレストランでお昼をいただくことに。

a0277483_9194251.jpg



レストランのエントランスも本当に素敵です。

生パスタセット
パスタの種類はたくさんあって…悩んだ挙句ゴルゴンゾーラに。
サラダ、すっきり冷たいカボチャスープ、自家製パン、
デザートは、抹茶のブランマンジェ、ハンドドリップのコーヒーもとっても美味しかったです。

a0277483_9192574.jpg



もっともっとこの空間に身を委ねたい衝動に駆られましたが、そういうわけにもいきません。
9月13日~10月8日まで梅田ロフト
9月26日~10月12日までは、京都造形大
展示が(販売も…?)あるようですので、そちらで再会できることを楽しみにしています!


今回、ご縁をお繋ぎいただいたg社Hさん、
一緒に訪問できた、古くからの友達で熊本・八代学園のスタッフ、Aちゃん、
長時間に亘りご案内くださった、しょうぶ学園Jさんはじめスタッフの皆さん、
そして、施設長・福森さん、本当にありがとうございました。


=今回、撮影させていただいた画像は、facebookのアルバムでご覧下さいませ=
[PR]
by essence-since2011 | 2013-08-14 11:24 | 施設訪問
ご縁と言うのは不思議なもので…

前回、ブログに書いた篠山でも、本当にびっくりするくらい
色んなご縁が繋がっていったのですが、こちらも然り。

宝塚「希望の家」


元はと言えば、いつもお世話になっている社長が、こちらの施設(本部)に行かれた際、
創始者が赤穂出身の女性だと知ることに始まります。

その後のご縁は、フェイスブック様様。

社長がそのことを書き込んでくださったお陰で、更にご縁が繋がり…
この日の訪問となりました。
社長、Fさん、ありがとうございます!

宝塚市内に何ヶ所も施設をお持ちなのですが、今回はワークセンターへお邪魔いたしました。

a0277483_1194899.jpg


こちらでは、障害種別を問わず様々な障害がある方が入所されています。

玄関入ったところに、皆さんの作品が。
関学書道部の学生と共に、習字をされているのですが、
8月6日から11日まで 西宮北口のアクタ西宮東館6Fにて展示会もあるそうですよ!


a0277483_1193447.jpg



この日も、書道の日。
夏にちなんだ文字が次々と書き上げられました。

と、その奥に目をやると…「ゆびもじ」

a0277483_1193717.jpg




軍手で作った指文字表。
立体的でなんともリアルです!

a0277483_1194598.jpg


a0277483_1194662.jpg



2F以上にある、生活の場にもご案内いただきました。

こちらでは、いわゆる「行き場のない」(昔は、重度の障害があると入所も難しかったのです)方々を
積極的に受け入れて来られたそうです。
そして、十分に手をかけてケアするのではなく、「自分のことは自分で」

一般社会でも通用するよう、生活面もお仕事も、厳しく温かく指導されていたようです。

もちろん洗濯も各自で。

a0277483_1193956.jpg


お部屋は、個室もしくは二人部屋。
聞こえない方の入所も多いそうですが、有事に備えてマークがついていました。

a0277483_1194057.jpg



お仕事をされている場も見せていただきました。

創設当時から印刷業を手がけられていて、今も主力となっているそうですが
その他に、箱折り等もされています。

a0277483_1194277.jpg


皆さんの熱心なことと言ったら!
私達が入室すると、「こんにちは!」と明るいご挨拶をしてくださるのですが、
次の瞬間にはお仕事に戻られ、もくもくと取り組まれていました。


「希望の家」の皆さんが共有されている「萬代イズム」

a0277483_1195162.jpg



施設内に足を踏み入れた時から感じていた、
明るさ、清潔さ、丁寧さ…
職員の皆さんと利用者さんが作り上げた、この空気感。
その根底には、皆さんの心に「萬代イズム」がしっかり刻まれているからこそ…
だと感じ入りました。


a0277483_1193277.jpg



どんな障害があっても、
当たり前に暮らし、当たり前に仕事をし、当たり前に楽しむこと。

そして、「障害者」と言われている人たちと、
共に過ごし、共に仕事をし、共に楽しむこと。


一緒に過ごさせていただいた短い時間の中にも
色々な想いが募りました。


この貴重な経験が、活動2年目に入ったessenceに繋がるよう
今後も尽力いたします。


訪問させていただくにあたり、創始者のご親族にも大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

お世話になりました皆さま、本当にありがとうございました。
[PR]
by essence-since2011 | 2013-07-04 01:46 | 施設訪問
明峰庵さんを後にして向かったのは、「いぬいふくし村」さん。


今回、ご案内下さったTさんが「すごい人を紹介したい」と言っていたので、楽しみに伺ったのですが、
ホントすごかったです!(笑)←お人も場所も。


障害の有無に関係なく、共に、当たり前に暮らすコミュニティ。

本来、社会ってこういうものなんだろうなぁ。
理想の社会の縮図を見せていただきました。

その一角にあるコミュニティカフェ「みーつけた」

a0277483_23473081.jpg


こちらの店長さんも「障害者」と言われている人。
聞こえない人もいらっしゃったのですが、私の拙い手話にも関心を示してくださり
お仲間に「この人、手話ができる!」と伝えてくださっていました。
手話話者が少ない故…もあるでしょうね。

店内は、こんな感じ。

a0277483_2347365.jpg


a0277483_23473324.jpg


a0277483_2347321.jpg



沢山の本が並び、一般の方も出展できるギャラリーがあり、グランドピアノがあり、
もちろん車椅子でもOK。
何より、美味しいコーヒーがいただける♪
(お食事も大変好評とのこと)

と、そこに「ばんじゅう」を持った男性が…

a0277483_2347472.jpg


いぬいふくし村、第3の施設「みんなの家」で販売しているパンでした。

a0277483_23475453.jpg


パン工房 ワーキングたんば」さんの国産小麦のパンたち。


カフェの外を見ると、作業所が。

a0277483_23473819.jpg


お互いが見えるところで、お仕事されてるんですね。

a0277483_7253968.jpg



また別の建物には、車椅子の人や支援学校に通う子どもたち。

こちらを訪れて一番に感じたのは、「明るい」ということ。
醸し出す雰囲気もそうですが、一人一人が明るいのです。

「こんにちは!」「ありがとうございました」「さようなら」
「ばいばーい」と手を振って下さる方も、
誰かに促されるのではなく、自らにこやかに挨拶をして下さるのが印象的でした。


障害がある人たちが、地域の皆さんと共に過ごし、地域の皆さんと共に働く。

いつか、こういう光景が
当たり前に見られる社会になりますように…。

そう願わずにはいられません。


お世話になりました、いぬいふくし村Yさん、働く皆さま、
お忙しいところ長時間ご案内いただいたTさん、
この日出会って下さった皆さまに、心から感謝します。
ありがとうございました!
[PR]
by essence-since2011 | 2013-06-29 07:33 | 施設訪問
先日、小雨がぱらつく中、篠山へ行ってまいりました。

ご縁の繋がりに感謝する毎日ですが、
篠山でもご多分に漏れず。

びっくりするくらい次々とご縁が繋がり、今回の訪問となりました。
そのご縁の発端となった、地元民のTさんがナビゲートを買って出てくださったのでお言葉に甘えました。
ありがとうございます!

まずは、
障害者支援施設が経営する明峰庵さん。

a0277483_21264393.jpg

お店は2店あるのですが、お伺いしたのは市役所近くの店舗。

ここでは、障害がある人とない人が一緒に働いています。

商品名と単価が印刷された注文伝票。
注文を聞きに来てくださったのは、障害がある人。

「知らない」私にとっては、ここにも学びが…。
a0277483_21274011.jpg



明るい店内には、開店と同時にお客様が訪れ、
お昼になると、近くの市役所職員がどっと押し寄せる
活気あるお店でした。
そうでなくっちゃ!

食事時間だけの短い滞在でしたが、ご縁ある方のご案内があったので
とても充実した時間となりました。

レジ横には、こんな商品が。。。
赤穂塩ラスク
a0277483_21404374.jpg

このラスクも、赤穂の障害がある人たちが作っているものです。

篠山と赤穂、遠く離れているようで、
ぐっと身近に感じることができる…そんなお店に出会うことができました。

お世話になったスタッフさん、本当にありがとうございました。


そして、次のところへ…ご案内していただきました。



明峰庵(めいほうあん)
篠山市呉服町73-4
月曜日~金曜日
AM11:00~PM14:30
(定休日:土曜・日曜・祝日)
TEL 079-552-3100
[PR]
by essence-since2011 | 2013-06-26 06:01 | 施設訪問

by essence-since2011
ブログトップ