溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

カテゴリ:車椅子・補助犬ステッカー( 7 )



日々のお知らせはFacebookで発信していますので、
合わせてご覧くださいませ。



a0277483_19154476.jpg





タイトルにもありますように、
補助犬とお店に行こう!のFacebookを開設しました。

いいね!、シェアでの応援をお願いいたします。



補助犬って?
補助犬ステッカーって?


ぜひ → こちら を!


補助犬とお店に行こう → ホームページ
[PR]
by essence-since2011 | 2015-09-08 11:29 | 車椅子・補助犬ステッカー
2002年5月22日に成立した身体障害者補助犬法。
まだまだご存じない方も多いのではないでしょうか。

これを機に、
補助犬って?を今一度!


a0277483_210725.png



何度も繰り返しておりますが(^_^;)

視覚障害者のサポートをするのが、盲導犬。
聴覚障害者のサポートをするのが、聴導犬。
身体障害者のサポートをするのが、介助犬。


この3種をまとめて、「補助犬」といいます。


essenceでは、補助犬の受け入れ拒否をなくすための啓発として
オリジナルステッカーを作成、販売しており、
現在、北海道から沖縄、そしてハワイにも、
業種を問わず様々なお店さんに貼っていただいております。

まずは、できることをできることから…。
補助犬の存在をひとりでも多くに方に知っていただけますように。

ただ、私たちは何が何でも入店を!とお願いしているわけではありません^^
やむを得ず入店が難しいケースもあるかもしれません。
補助犬(犬)だからダメ!ではなく、ユーザーさんの声にも耳を傾け、
代替え案を考えるきっかけになると嬉しいです。

☆essenceオリジナルステッカーについて → こちら


☆補助犬について → こちら


☆東京ではシンポジウムが開催されます! → 日本介助犬アカデミーさんのブログ
[PR]
by essence-since2011 | 2015-05-19 02:12 | 車椅子・補助犬ステッカー
少し前のことになりますが…。

金沢のパティスリー オフク ヒロサカさんに貼ってくださっているステッカーを
北國新聞社の方が見かけ、関心を示してくださいました。

オフク ヒロサカさんへの取材だったのですが、ステッカーを制作したのがessenceだということで
こちらにもお問い合わせいただきました。

掲載された記事がこちら。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
a0277483_7532876.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

オフク ヒロサカの西川シェフは、
偶然、ステッカーの存在を知ることになったそうですが、

「素敵なデザインで意思表示する発想がありませんでしたが、
知った以上是非使わせていただきたいです。」

というメッセージと共にご注文くださいました。


「残念なことにうちの店はイートインスペースとトイレが2階で
エレベーターも無いので車椅子の方には優しくない店だと思っています。
でも迎え入れる気持ちはあります。
だって誰であろうと美味しいものを食べる権利は等しくあるものですから。
土地の狭さから1階のカフェとトイレを諦めましたが入口は段差を作らず設計できました。」


個人のお店さんが、店内を完全バリアフリーにすることは、
たやすいことではありません。
でも、心をバリアフリーにすることでなくなる「障害」もありますよね。

何らかのお手伝いが必要な場合はお声掛けください、とのことです。
障害の有無に関係なく、多くの人に楽しんでいただけますように☆


それにしても、ケーキもパンもホント美味しそう!
私も是非お伺いしてみたいです。


Patisserie Ofuku Hirosaka
(パティスリー オフク ヒロサカ)
金沢市広坂1-2-13


**車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードの販売について**
詳細はこちら↓となりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


→ 車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードについて
[PR]
by essence-since2011 | 2014-09-30 08:25 | 車椅子・補助犬ステッカー
今、essenceでは「車椅子ステッカー」「補助犬ステッカー」「耳マーク」の設置を推進しております。


a0277483_813836.jpg



呼びかけに対し、様々なお店さんから賛同のお声を頂戴し、
「ウェルカムの意思表示」をしてくださっています。


a0277483_8131016.jpg




ただ、ご理解いただきたいことがあります。
「車椅子ステッカー」を貼っているお店さんでも、
階段があったり、段差があったり、トイレが狭かったり…という事情があります。
それでも、「何かお手伝いすることでお越しいただけるなら、ご遠慮なさらずどうぞ!」
そんな想いで皆さまのご来店をお待ちしております。


a0277483_8135317.jpg




私たちは、まだまだ知らないことがたくさんあります。
改善に向けてのご提案など大歓迎です。
ぜひ教えてくださいませ。


少し長くなりますが、essenceホームページに障害がある皆さまへのお願い
を掲載していますので、ご一読いただけますと幸いです。


障害の有無に関係なく、
当たり前に美味しいテーブルを囲める日が来ることを心より願っております。


→ 車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードについて
[PR]
by essence-since2011 | 2014-06-22 08:10 | 車椅子・補助犬ステッカー
☆車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークは、
essence会員、非会員問わずお求めいただけます。
また、業種、地域も問いません。

どうぞ宜しくお願いいたします☆




先日、車椅子ステッカー、耳マークカードを作成したとお知らせいたしましたが、


続いて、補助犬ステッカーを作成しました。


a0277483_12321054.jpg



皆さん、「補助犬」ってご存知ですか?

恐らくぱっと思い浮かぶのは、目の見えない方と一緒に行動している盲導犬ではないでしょうか。

視覚障害者のサポートをするのが、盲導犬。
聴覚障害者のサポートをするのが、聴導犬。
身体障害者のサポートをするのが、介助犬。

この3種をまとめて、「補助犬」といいます。

法的なことを申し上げますと、
2003年10月に、身体障害者補助犬法が施行され
(2002年5月22日成立。2003年10月1日より全面施行)、
全ての施設で同伴を拒んではならなくなりました。

このブログを読んでくださっている皆さんの中で、「身体障害者補助犬法」を
ご存知の方がいったい何人いらっしゃるでしょうか?

もう10年以上も前に施行された法律ですが、
私も含め、身近に必要性がないことは関心をもたなかったり、
それ以前に、知るきっかけもなかったりするわけです。

でも、今、これを読んでくださった方は、少なくともそんな法律があることを知っていただけた…。
このブログが知るきっかけになったのなら幸いです。

そして、知ったらどうするか…。
これが大事だと思うんです。

「あ、そうなんや」で終わる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、もし、
「へぇ~、そうなんや」と思っていただけたなら、
何らかの形で、他の方にも伝えていただければ更に嬉しいです。

(個人的には、法律を盾にするのはイヤなのですが、
「身体障害者補助犬法」の存在を知っていただきたい…との想いで書きました)



~~~


訓練に訓練を重ねた補助犬とはいえ、当然見た目は「犬」
そこで、どうしても「ペットと補助犬」が混同されてしまい、
特に飲食店では、補助犬までもが「入店お断り」という事態が多々起こっているようです。
(お仕事中の補助犬は、ハーネスだったりケープを装着していますので一目瞭然です)

特に、大半がラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーという種別の盲導犬とは違って
大型犬から小型犬まで多種にわたり活躍している聴導犬は、
普及数が少ないということも相まって、更に認知度が低い存在です。
(障害当事者も見た目ではわかりにくいですしね)


衛生上の問題を指摘される方もいらっしゃるようですが、
厳しい訓練、検査を受けた補助犬、ユーザーさんもとても気をつけていらっしゃいます。
とはいえ、どうしても気になる場合は、遠慮せずユーザーさんにお尋ねになってみてください。

また、アレルギーの心配をされる方もいらっしゃるかと思いますが、
例えば、飛行機などでも補助犬が原因でアレルギーが発症した事例はないそうです。
もちろん、補助犬ユーザーさんも、
わざわざ犬アレルギーや犬嫌いの方のお隣に座ることを望まれないでしょう。
入店時に、お隣のお客さんに
「補助犬がきても大丈夫ですか?」の一言をかける配慮があると嬉しいですね。


目が悪い人はメガネをかけ、
足が悪い人は杖や義足や車椅子を使うのと同じく、
身体機能の一部を担う存在が補助犬なのです。

ただ、慣れないが故の戸惑いがあるのも事実かと思います。
こんな時はどうしたらいいんだろう…
実際にトラブルが起きた時は?

日本介助犬アカデミー(現・日本補助犬情報センター)さんが作成した補助犬受け入れマニュアルがありますので、
ぜひ参考にしてみてください。

もし、ご不明な点、ご不安な点がありましたら、essenceへの問い合わせも大歓迎です。

障害があることでスタートラインにすらつけない環境をなくす為のきっかけ作り、
ぜひ皆さまのお店でもご協力いただけますと幸いです。


*essenceでは、補助犬の同伴「可能」ではなく、「当たり前」という考え方により、
「同伴可」という記載はしておりません。



車椅子ステッカー、耳マークに続き、補助犬ステッカーのご注文も承ります。



☆車椅子ステッカー(10cm×10cm):1枚 200円
☆補助犬ステッカー(10cm×10cm):1枚 200円
☆耳マークカード(ポストカード大):1枚 100円 

☆送料:定形外120円〜



ご希望の方は、
*住所
*氏名(店名)
*車椅子ステッカー(  枚)、耳マーク(  枚)、補助犬ステッカー(  枚)

をお書き添えの上、こちらからお申し込みくださいませ。
追ってご連絡差し上げます。

尚、お申し込みと同時にessenceご入会手続き(店舗会員、企業会員)していただいた場合は
無料(各1枚)とさせていただきます。



皆さまのアクション、お待ちしております!


→ 車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードについて
[PR]
by essence-since2011 | 2014-06-21 06:59 | 車椅子・補助犬ステッカー
→ 車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードについて


---

以前、essenceオリジナル車椅子ステッカーのお知らせをいたしましたが、

a0277483_035408.jpg



続いて、耳マークカードも出来上がりました。


a0277483_0353784.jpg




「耳マーク」という呼称があるのですが、
もちろん「聴覚障害者」に限らず。

聞くこと、話すことに不便を感じている方に、遠慮なくお声掛けいただきたい、
という想いから作成いたしました。

筆談「など」…としたのは、
音声言語以外でのコミュニケーションというと、
「手話はできない=筆談」と思ってしまいがちだから。

大切なのは「伝えたい!」という気持ち。

まずは、お相手の顔を見て、
はっきりとした口の形で、
身振り手振りを交えながら、
お話してみてくださいね。


essenceオリジナル車椅子ステッカー、耳マークカード。

何らかの障害がある方も、ご遠慮なくどうぞ!
そんな意思表示の為に使っていただけますと幸いです。

a0277483_0354258.jpg




essence賛助会員店舗さんには無料で順次お送りいたしますので、
しばらくお待ちくださいませ。

非会員の皆さまには、制作費用のご負担をお願いすることになりますが、
下記の通り注文を承りますので宜しくお願いいたします。

☆車椅子ステッカー(10cm×10cm):1枚 200円
☆耳マークカード(ポストカード大):1枚 100円 


☆送料:82円(メール便1cmまでの場合) →メール便廃止に伴い定形外郵便での発送となります。120円~


ご希望の方は、
*住所
*氏名(店名)
*車椅子ステッカー(  枚)、耳マーク(  枚)
補助犬ステッカーもございます。


をお書き添えの上、こちらからお申し込みくださいませ。
追ってご連絡差し上げます。

尚、お申し込みと同時にessenceご入会手続きしていただいた場合は
各1枚無料とさせていただきます。
(車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードの3枚セット)



〜障害とは、社会において不便、不自由に感じるすべての事象〜
(essenceが考える「障害」の定義)

意識をバリアフリーにすることで解消される「障害」もあるのです(^-^)
[PR]
by essence-since2011 | 2014-05-27 02:02 | 車椅子・補助犬ステッカー
今さら改めて紹介するまでもないですが…

essenceの理事長のお店は、吹田にある「ル・シュクレクール」というパン屋さんです。


ご存知の方も多いとは思いますが、
「ショーケースにパンを入れた対面販売」のお店です。
(自分でトレイとトングを持って選べるスタイルではありません)

では、何故そのようなスタイルのお店にしたか…。

以前から「なないろめがね」を読まれていた方は、ご存知かもしれませんね。


「小さな小さな物語」と題されたブログに、その理由は書いてあります。
(一部抜粋しますね)


幾つかの意図がある中に、
「うちの子のように障害を持った友だちとそのお母さんが遠慮なく来れるように」
との狙いもあるんです。ショーケースに入ってたら安心でしょ?

~~

今も障害を抱えたお子様と一緒に来られるお客さんがおられますが、
やはり棚に陳列されてる店には一緒に入りづらいと思うんです。
うちならショーケースを叩いても大丈夫。一緒に選ぶって大事な時間だと思うんです。
店内のパンの匂い、一緒に嗅げるって素敵なことだと思うんです。

~~

開店資金がギッリギリの中、それでも自動ドアに出来たのも、
そういうことを知ったデザイナーさんが、
車椅子でも入って来れる店に・・・と、頑張ってくれたからなんです。



オープン当初から、
障害がある人やその家族も入りやすいように…との想いが込められたお店ではありましたが、
この度、10周年のリニューアルを機に、更にもう一歩…


リニューアル前

a0277483_5475972.jpg



リニューアル後

a0277483_548752.jpg



何が変わったか、お気づきでしょうか。




a0277483_548990.jpg

そう、入り口に点字ブロックが設置されました!


それと、もう1点。

ガラスに何やら水色の…
(実際は、緑色に近い中間色です)


a0277483_5481135.jpg




車椅子のピストグラムが施されたブルーのステッカー、よく見かけられると思うんですが、
せっかくならちょっと小洒落た(と言いましょうか^^)のがいいなぁ…と、
essenceカラーのステッカーを作成いたしました。

このステッカーを貼ったからと言って、
障害がある全ての方に完璧に対応ができないかもしれません。
まだまだ不足があったり、気づかないこともあるかもしれません。

けれど、それでも「意思表示すること」は必要だと感じています。
本当は、わざわざ表示する必要がない社会にならないといけないのですが…


車椅子のマークではありますが、
もちろん「車椅子ユーザーさん限定」での対応ではありませんので、
何かお困りのことがございましたら、気軽にお声掛けくださいませ。

他にも、「耳マーク」「補助犬マーク」がついたsignを作成中ですので、
出来上がりましたら、改めてお知らせしますね!


→ 車椅子ステッカー、補助犬ステッカー、耳マークカードについて
[PR]
by essence-since2011 | 2014-04-23 07:22 | 車椅子・補助犬ステッカー

by essence-since2011
ブログトップ