溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2017年12月17日、
essence賛助店舗会員である「京町堀 莉玖」さんにて
交流食事会を開催しました。

a0277483_01374363.jpg

この日は聞こえない人6名、聞こえる人4名、
カウンター10席でのお食事。

a0277483_01374342.jpg

以前、
「聞こえない人はカウンター席って座らないんですよ」
とお聞きしたことがあって。

それは、会話が手話だから。
横並びより向かい合わせに座った方がお喋りしやすいんですよね。
カウンターの中のお店の方とのコミュニケーションに不安を感じている方もいらっしゃいました。

そうおっしゃっていた方たちと
敢えてカウンター席で食事をしてみたことがあったのです。
 
そしたら、
「料理人さんとの会話がこんなに楽しいなんて!」
「料理をしているところを見ながらの食事…一層美味しく感じた!」
「カウンター席での食事、楽しい!」
と、お喜びの声が…

またこういう機会が作れたらなぁ…と思ったものでした。

a0277483_01374464.jpg

今回、莉玖さんには聞こえない方のご参加もあることをお伝えしていたのですが、
お品書きとは別に、お料理の説明を文字情報でご準備くださっていました。
 
一品提供される毎に一枚。
音声言語で説明を聞ける私にとってもありがたい!
一部、ご紹介しますね。

a0277483_01374379.jpg
a0277483_01374471.jpg
a0277483_01413236.jpg
a0277483_01374427.jpg

a0277483_01410957.jpg

a0277483_01374544.jpg

a0277483_01431391.jpg
初めましての皆さまもお隣同士お喋りも楽しみながら、
またカウンターの中からも気さくにお声掛けいただき
とても楽しい時間となりました。

お食事の後は、双方のコミュニケーションタイム…ということで
お互い質問や気づきを。

莉玖さんにとって、聞こえないお客さまをお迎えするのは初めてだったそう。
カウンター席ということはお料理の提供は背後から。
話しかけるタイミング(聞こえる方の場合は「失礼します」というお声掛け)
に若干戸惑われたとのことでした。

この場合…

*手話でお喋りしている後ろからお料理を提供してもよい?
→手が当たる可能性があり危険

*肩をトントンしてもよい?
→急に触れられるとびっくりするかも

では、どうしたら!?

正解は、きっとお客さまそれぞれ。
お食事の前に、「どのようにお伝えしたらいいですか?」と
お客さんのご意向をお聞きしておくのがいいかもしれませんね。

莉玖・山口さん、スタッフの皆さま、
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!


京町堀 莉玖
大阪市西区京町堀1-7-12
*オンライン予約は「ホットペッパー」にて。
聞こえない方は、連絡先メールアドレスをご記載ください。
*2018年公式サイト開設予定


*essence交流食事会は、
活動にご興味がある方でしたら障害の有無に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
次回開催をどうぞお楽しみに!

開催店舗さんからは、
通常営業の中で、何らかの障害がある方をお客さまとして迎え、
双方向のコミュニケーションを取ることで
様々な気づきがありました、とお喜びいただいています。

「こんな場合は?」があれば、ご遠慮なくお聞きくださいね!



[PR]
by essence-since2011 | 2017-12-25 02:05 | 賛助店舗さん訪問・食事会

by essence-since2011
ブログトップ