人気ブログランキング | 話題のタグを見る

溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

知る喜び

思えば…

昨年4月、初めての「手話通訳つきお菓子教室」を企画・開催させていただいた時は
殆ど手話も知りませんでした。
「手話も知らないのに、やろうとしてるの?」と驚かれたことも。

なんとか当日までに挨拶くらいはできるようになりたい!と手話本片手に勉強したのですが、
地域によって表現の違いがあることも当然知らず・・・

ろう者の方から「東京出身?」との質問を受けた時は、「なんで??」と
頭の中はクエスチョンだらけ。

「名前」の表現が、東京手話だったんですね。

でも、知らないことを知る喜びに心躍りました。
元々、好奇心旺盛な性格も手伝ったのかもしれません。

今回も、好奇心がきっかけです。

知る喜び_a0277483_9343431.jpg


盲の皆さんの話を人づてに聞く機会がある度に
知りたくて、そこに身を置きたくて…

飛び込んじゃえ!

ということで、ボランティアさせていただくことにいたしました。

初めて「ガイドヘルパー」まがいの体験をさせていただき(講座は9月に受けます)
短時間ではありましたが、気づきがいっぱい!

やはり、百聞は一見にしかず・・・ですね。

8月末、全国から盲女性が約1000人大阪に来られるそうです。
「大阪、楽しかった~!」と思っていただけるよう、微力ながらお手伝いさせていただきます。


そして、

昨日は、「ロボットリハビリテーションセンター公開シンポジウム」へ。
知る喜び_a0277483_1111268.jpg


昨年より、義足の方とのご縁をいただきましたが、
正直、その世界のことも殆ど何も知りません。
今回、パネリストとして6名の方が体験をお話くださるということもあって
参加させていただいたのですが、最先端テクノロジーに感心するばかり。

ロボットリハビリテーション」「筋電義手」「コンピューター制御義足」
…なんだか、すごいものを想像しませんか?

専門的なことはここでは触れられませんが、
不慮の事故、病気などで失った機能をこれらで補うことによって
より豊かな生活ができるのであれば、当事者にとってはかなり有効でしょうね。

昨日参加されていらしたパネラーの皆さんは、
鈴鹿4時間耐久レーサーとして復帰された義足の方、
義手の看護師であり、パラリンピック日本代表の水泳選手でもある方、
障害者バドミントン世界大会3位に入賞された義足の大学生、
トライアスロンの世界大会で活躍されている方…等々
国内外で大活躍されていらっしゃる方々でしたが、
日常生活においても、
「筋電義手でペットボトルの水を持ちコップに入れる」
「包丁を持って料理をする」など、
当たり前のことが当たり前にできるように・・・という根底の想いに
とても共感いたしました。

知る喜び_a0277483_1213291.jpg



最後に…
このシンポジウムには手話通訳がついていたのですが、
通訳さんの手話の美しいこと!
お恥ずかしいことに、今の私には全ての表現が読み取れる力がないのですが、
それでも、この手話がとてもキレイだということはわかりました。


いろんな「初めて」にワクワクしつつ、
このような機会をいただけることに、心から感謝しております。

そして、経験させていただいたことを
essenceの活動を通じて、何からの形で皆さまにもお伝えできるよう
努めてまいりたいと思っております。
by essence-since2011 | 2012-08-06 12:23 | セミナー、シンポジウム、研修
ブログトップ