人気ブログランキング | 話題のタグを見る

溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~

皆さま、おはようございます。
昨日は雷、豪雨すごかったですね。
落雷による被害も相次いだようですが、皆さま大丈夫だったでしょうか。

さて、
賛助店舗さんを回る交流食事会、第3回目は 大阪・八尾にあるラ・リサータさんで開催いたしました。
この日は、ろう者と車椅子ユーザーさんを含む5名での食事会となりました。

住宅街に突如現れるイタリアンカラーの大きな提灯
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_7353114.jpg


テーブルにもイタリアンカラーが。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_7355427.jpg


山田シェフがメニューもご準備くださいました。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_1934793.jpg


今回は、聞こえる人も聞こえない人に教えてもらいながら手話で自己紹介を。
形由来+身体の部位で表す表現に「へぇ~~」
わかりやすい手話でしたね!

自己紹介が終わったところで、アミューズ。
☆ほんのり温かいトウモロコシのスープ
上にはバージンオイルと胡椒がかかっていて、とても香りがいい!
トウモロコシを粗くつぶしたタイプなので、食べ応えも十分です。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_21123036.jpg

甘~い!!

ここでテンション上ると、次のお料理にも期待が膨らみますね。

☆北海道産帆立貝柱のソテーと夏野菜
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_21134554.jpg

ぷりっと甘い貝柱とプチトマトにオクラのネバネバが絡まって一層甘く感じる!
ピンクペッパーの香りと散りばめられた塩がアクセントになって、より奥深い味わいに。

皆さん、何回も何回も「美味しい~」と口を衝いて出てきていました。

パスタは2種より1種を選んで。
こちらは、
☆ベーコンと夏キノコのラグー(ロングパスタ・スパゲッティ)
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_7403110.jpg


大量に振られたチーズ!とっても贅沢なパスタです。
半端ないコク!!

もう1種類は、
☆小海老とエンドウ豆のクレマ(ショートパスタ・リガトーニ)
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_21523755.jpg

お豆が甘い~。優しい印象のパスタですが、
スプラウトのぴりっとした感じが、全体を引き締めてくれます。


今回、聞こえない人の情報保障として、敢えて「筆談」を積極的に取り入れてみました。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_22311269.jpg


「聞こえない人との会話は手話」「手話ができないからコミュニケーションが難しい」
と思われている方も多いようですが、「筆談」というのも立派なコミュニケーション手段です。

先のブログにも書きましたが、
皆さんがお持ちのスマホや携帯に入力してのコミュニケーションでも大丈夫なんですよ!

賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_22411576.jpg


しっかりとしたパスタをいただいて、少食な方ならおなかいっぱい!?
サービススタッフさんが「おなか具合大丈夫ですか?」と気にかけてくださったのですが、
皆さん「大丈夫です^^」と。

メインは、こんなにガッツリなお肉が~。
☆大山地鶏のアッロースト カポナータ、タスマニアマスタード
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_22512896.jpg


けれど、もちろん皆さんペロリ(笑)

「美味しいね」
「ねーっ」
と、何度言い合ったかわからないくらい楽しい食事会も終盤です。

さすがにシェフも「デザートも結構しっかりしてますが、大丈夫ですか?と
心配してくださいましたが、皆さん全く平気なご様子(笑)

☆ダークチェリーのセミフレッド、ダークチェリーのクラフティー、ヨーグルトのソース
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_23224855.jpg


手の込んだドルチェにシェフの気合いの程を感じます。
ヨーグルトのソースもとても爽やか!
全体のバランスも良くて、本当に美味しかったです。

で、やはり女性は何食わぬ顔で完食でしたね。
「コレ、もう一皿食べれそう~(笑)」って。

笑顔のテーブルに、シェフの笑顔と笑い声も加わり
とても微笑ましい、店名<リサータ>に相応しい光景が繰り広げられました。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_048728.jpg



最後にお決まりの集合写真を。
賛助店舗さんを回る交流食事会vol.3~八尾:ラ・リサータさん~_a0277483_23472343.jpg


今回、シェフが書いてくださった詳しいメニューと
私のつたない手話でお料理内容をお伝えさせていただきましたが(どこまで伝わったか不安ですが…)
やはり「知って食べるのと知らずに食べるのでは、楽しさが全然違う」と。

ろう者の皆さんからよく聞く話ですが、
サービスの方が説明してくださる口の動きを読み取る(読話)にも限界があり、
やはり全部は聞き取れない。かと言って何回も聞き直すのが申し訳なくて、
「だいたい分かればいい」と思ってしまうようです。

私ももっともっと語彙を増やさねば…と改めて思い知らされました。
特にお料理の説明となると、素材の手話がまだまだ覚えられておらず
一文字ずつ指で表す「指文字」を使っていますが、
指文字を多用すると、両者共に負担が大きいですしね。

車椅子ユーザーのYさんご夫妻は、お二人でもよく外食に出かけられるそう。
今回の賑やかなテーブルはどうだっただろう…と気になっていましたが、
早速「また参加させてください」と嬉しい一報が届きました。

「シェフとお話させていただいて、色々聞けたことも楽しかった」と、
やはり、皆さんシェフの笑顔、笑い声が印象的だったようです。

シェフからは、
「耳の聴こえない方は手話を使われていましたが、イタリアに行っていた時と同じ感覚で、
伝えようとする気持ち、受け取ろうとする気持ちがあればコミュニケーションは成り立つという事に
気づきました」と。
それから、
「皆さんほんとよく食べられてビックリしましたが、料理人にとってあんなに嬉しい事はありません」と、
食べ手として最大級の誉め言葉を頂戴いたしました(笑)

山田シェフ、スタッフさん、そして参加者の皆さま、
本当にありがとうございました!

essenceでは、今後もこのような交流食事会を定例イベントとして開催いたします。
障害の有無に関係なく、どうぞご参加ください。
もし、参加に不安がおありの場合、どうぞお気軽にご相談ください。
どうしたら少しでも不安を解消してご参加いただけるのか、一緒に考えさせてください。

vol.4は、本町:フール・ドゥ・アッシュさんにお伺いいたします。
(8月21日に応募開始いたします)

どうぞお楽しみに!
by essence-since2011 | 2012-08-19 06:11 | 賛助店舗さん訪問・食事会

by essence-since2011
ブログトップ