溜め池ぶろぐ

npoessence.exblog.jp

日々生まれる一滴一滴の出来事や出会いを、大切に留めておく場所として。

カテゴリ:手話・聴覚障害( 96 )

皆さま、おはようございます。

大阪にて2回に亘り開催いたしました簡単手話講座ですが、
京都での開催も決定いたしました。

「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」など、
ちょっとした会話を手話を使って伝えてみませんか? 
分かりやすく実用性の高い営業に即した言葉から、簡単な「食」にまつわる言葉、
思わず「へぇ~」と声を発してしまいそうになる面白手話などをチョイスし、
「手話に触れる」お手伝いをさせていただきます。
どうぞこの機会に、音の無い世界を紡ぐ言葉を体験してみませんか?


日時:2012年9月26日(水)14:00~3時間程度
場所:レストランMOTOI
京都市中京区富小路二条下ル俵屋町186

essence会員の場合は無料で(店舗会員様の場合、スタッフさんも無料となります)
非会員の場合は初回のみ500円、その後は何回でも受講いただけますので
お知り合い等、お誘い合わせの上ぜひご参加くださいませ。


*お申し込みは、こちらよりお願いいたします。
essenceからのご案内をさせていただいている方は、ご案内メールに返信くださいませ。


*大阪での開催は、
日時:2012年9月17日(月)14:00~2時間程度
場所:フール・ドゥ・アッシュ(イートインスペース)
大阪市中央区本町2-6-5
参加費:無料(非会員は初回のみ500円)

となります。


皆さまからのお申し込みをお待ちいたしております。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-09-03 07:12 | 手話・聴覚障害
皆さま、こんばんは。

昨日、第2回簡単手話講座を開催いたしました。
今回は、店舗、個人合わせて15名の方にご参加いただきました。

前回開催から1ヶ月余り、
また、今回初めて参加してくださった方もいらしたので、
まずは前回の復習から。

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」
それと、
「私の名前は、○○です」

殆どの方が、きちんと表現されていました。

地名や曜日の手話も覚えたのですが、
やはり皆さんがご興味あるのは、食べ物!(笑)

音が語源だったり、形が語源だったり、
「なるほど~」と思える表現がたくさんあったのではないかと思います。

「うどん」「パン」「ラーメン」「餃子」「プリン」…
見ても楽しい手話…ですよね。

参加者の方からも
「初心者でも覚えやすいし親しみやすいですね」との
感想を頂戴いたしました。

「初めて」には不安があると思いますし、
「手話」に馴染みがないと、なかなか興味も持ちにくいかと思います。

ただ、皆さん共通するのは
「一度、間近に見る機会があると覚えたくなる」と。

すぐに実践に役立つ実感はないかもしれませんが、
何かのきっかけになるのではないかと思っております。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!


次回は、9月17日(祝)14:00~の開催となります。
お申し込み、受け付けておりますので
ご都合がつくようでしたら是非ご参加くださいませ。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-08-28 21:19 | 手話・聴覚障害
皆さま、こんばんは。

京都にて飲食店立ち上げのコンサルをご依頼いただき(また改めてご報告させていただきます)
本日、夕方から京都へ行っていたのですが、辺りが薄暗くなった頃の京都駅バス停の長蛇の列に「??」
…なるほど、五山送り火を見に行かれる方々だったのですね。

さて、第2回手話講座のお知らせです。

8月27日(月)及び9月17日(祝)に第2回手話講座を開催いたします。
(ほぼ同内容となります)

「食」にまつわる手話や、思わず「へぇ~」と声を発してしまいそうな面白手話、
名前や地名表現などを中心にお伝えいたします。
第1回内容の復習も行いますので、初めての方も大歓迎です。

前回は原則として店舗会員様向けといたしましたが、今回は個人会員様もお受けいただけます。
非会員の場合は初回のみ500円、その後は何回でも受講いただけますので
お知り合い等、お誘い合わせの上ぜひご参加くださいませ。

日時:2012年8月27日(月)14:00~2時間程度
場所:フール・ドゥ・アッシュ(イートインスペース)
大阪市中央区本町2-6-5
参加費:無料(非会員は初回のみ500円)

9月17日(祝) 
時間、場所、参加費は上記と同じ

会場準備の都合上、お手数ですが開催日1週間前までにお申し込みくださいませ。
*もちろん、両日とも受講していただいても問題ございません。
*お申し込みは、こちらよりお願いいたします。
essenceからのご案内をさせていただいている方は、ご案内メールに返信くださいませ。

皆さまからのお申し込みをお待ちしております。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-08-17 01:38 | 手話・聴覚障害
皆さま、こんばんは!
九州、四国地方の皆さまは台風の影響を受けていらっしゃるのではないでしょうか。
自然災害は防ぎようがないですが、先の大雨といい…
大きな被害がないことを願うばかりです。


本日は、京都手話に触れに行ってまいりました。

a0277483_2352618.jpg


金閣寺近くにある、手話ができるマスターがいる喫茶店「珈琲工房」さんです。
毎日、誰か彼か耳が聞こえない人が来店するという、
ろう者にとっては、すっかりお馴染み(?)のお店のようです。

私もそうでしたが、手話を知らない人から決まって質問されるのが
「手話って万国共通ですか?」ということ。

「違うんですよ」ってお答えすると
「一緒だった方が便利なのに・・・」と。

確かにそうですよね。
でも、それなら私達聞こえる人たちが話す言葉も万国共通の方が便利!?

日本語や英語、フランス語・・・があるように、
手話にも日本手話(日本語対応手話ってのもあります)、アメリカ手話、フランス手話…
それぞれの国の手話があるんですよ。

更には、日本語の話し言葉に方言があるように、手話にも方言があるのです。

先日のブログにも書きましたが、
手話の語源には歴史が背景になったものも多いので、
きっと京都には「京都らしい手話があるはず」と気になっておりました。

調べていたところ、このお店に行きついた・・・というわけです。


少しお客さんがひけたところで声をかけさせていただきました。

「手話」という言葉を発した途端、饒舌になったマスター(笑)

お話を聞いていると、やはり歴史や謂れに由来した
京都ならではの手話があることがわかりました。

大原三千院、南禅寺、山科区、伏見区、左京区、右京区、西京区…

うーん、面白い!

色の手話表現も大阪とは全然違うんですよね。

マスター曰く、「手話で大切なのはコミュニケーション能力。
単語をたくさん知っているからといって、「手話が通じる」とは限らない。
例えば、単語を100覚えても通じない人もいるし、
30しか覚えられなくても通じる人がいる。
大切なのは、気持ち。心なんですよ」

はい!確かに!!


知れば知るほど益々興味が沸いてきて、どんどん楽しくなってきますが、
次のアポもあるので、続きはまたの機会に・・・。


次は9月に京都と大阪で開催予定をしている「簡単接客手話講座」
原則として、essenceの賛助店舗さま向けとなっておりますが、
非会員さんにつきましては、ワインコインレッスン(¥500)とさせていただいております。

ぜひこの機会に「音のないコミュニケーション」に触れてみてくださいませ。
日程が決まりましたら、改めてお知らせさせていただきます。


どなたかがアップされた動画を拝借…


[PR]
by essence-since2011 | 2012-08-02 00:20 | 手話・聴覚障害
簡単手話講座を開催いたしました ←こちらもどうぞご覧下さいませ。


暑中お見舞い申し上げます
暑い毎日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

先日、開催いたしました簡単手話講座、
一受講生として参加したessence理事長が感じたことを…。

~~~

手話、楽しいですよ。知ればコミュニケーションを取れるようになるって、
英語やフランス語、イタリア語なんかと同じです。
耳の聞こえない方が飲食店で働いてるのをあまり目にしたことがありませんが、
健常者だって、「お前、聞いてんのか!?」って子ばかり。
じゃ、聞こえないってことだけがハンディではないですよね。
飲食業は、異国に修業にいってる人間が多いので、
言葉が通じずに苦労した経験を持ってるシェフは多いはず。
なら、その経験を思い起こせば、耳の聞こえない人とだって上手くやれるはず。
ゆっくり、少しずつ手話を覚えていく作業だって、
言葉を覚えていくことと何の違いもありません。
飲食で働きたいって子は、もっと積極的に動いてもいいと思うんです・・・が、
日本全国に、耳の聞こえない人が調理師免許を取れる学校が一校しかないようです。
もちろん調理師免許だけが全てではありませんが、
そういうところからして間口が狭いわけです。もちろん東京です。
大阪にはないんです。調理師学校だけは何校もあるのにね。
先に書いたように、何の障がいもないのに全然ダメな子もいます。
障がいを持ってたって、補う手段や誰にも負けない情熱があれば補えます。
健常者、障がい者、そこで分けてしまうんじゃなくて、
「その子自身がどんな子なのか」っていう、
平たく同じ条件のなかでチャレンジできる社会へと変わっていくといいですね。

~~~

手話は、ろう者にとっての母語。
持論ですが、手話は福祉的要素のものではなく、
日本語、英語、フランス語、イタリア語…と同じ、「ひとつの言語」だと考えています。
書店の手話教材も、いつか「福祉」コーナーではなく「言語」コーナーに並ぶ日が来るといいなぁ。

単語を覚え、その単語を繋いでカタコトで話し・・・
そこに表情や身振り手振りをつけて、感情や動作を補足して。

例えば、英語の勉強を始めた頃、自分の発音が英語を母国語とする人に通じたら嬉しいですよね?
ネイティブスピーカーの発音を聞き取れたら嬉しいですよね?
それと全く同じ!

自分が表現する手話が通じたら本当に嬉しいものです。
話し手の手話を読み取れることができたら、本当に本当に嬉しいものです。

本日(あ、昨日になってしまいました)羽山料理店さんで開催いたしました交流ランチ会でも、
手話が飛び交っておりました。
また改めてご報告いたしますね。

では、
益々厳しい暑さが続きますので、皆さまどうぞご自愛くださいませ。
[PR]
by essence-since2011 | 2012-07-29 01:17 | 手話・聴覚障害
皆さま、こんにちは。

昨日、11名の参加者にお集まりいただき手話講座を開催いたしました。
今回は、Deafe(デフェ)あるがままを経営されているアモールさんにご協力いただき
ろう者にも講師として来ていただきました。

初めて手話に触れる方が殆どでしたので、
基本の挨拶や簡単な接客手話、知って楽しい面白手話を中心にお伝えしたのですが、
語源が漢字だったり歴史だったり物の形や動きだったり…
まずは、とっかかりとして興味を持っていただけたのではないかと思います。

あと、名前の表現もお伝えしたのですが、手話と指文字の組み合わせ、
漢字の違いによる手話表現の違い、それと、やはり「歴史」由来の手話表現には
皆さん「へぇ~」と思われたようです。
地名の表現も楽しかったのではないでしょうか。

参加者の皆さまからは、
「自分の知らない世界、ほんの少しですが感じられました」
「手話を覚えるのはとても楽しかったです。説明もわかりやすかったです」
「2回目も必ず参加します」
「テレビや画像で見るよりも、生の方が解りやすく楽しかったです」
「語源を知ったり、シャレっぽい表現を知ったりと、
ちょっとした雑学的な事も教えて頂けたので親しみやすいなと思いました」
「ろう者の方とも直接話がしてみたいです」
といった感想を頂戴いたしました。

内容については、実際やってみると新たな課題も見えてきて…
反省点は、次に繋げてまいります。

今後も定期的に開催いたしますので、ご都合がつくようでしたら
是非、「手話という言語」に触れにいらしてみてください。
秋には京都での開催も予定しております。

すぐに実践に役立つ実感はないかもしれませんが、
何かのきっかけになるのではないかと思っております。


ご参加いただいた皆さま、貴重な定休日にお時間頂戴し本当にありがとうございました!


=あるがままさんは、8月21日~24日まで連日オープンされるそうです=
=この機会に訪れてみてはいかがでしょうか=

[PR]
by essence-since2011 | 2012-07-24 14:35 | 手話・聴覚障害

by essence-since2011
ブログトップ